ウェーブができるようになる!練習法とコツを伝授!

ウェーブのダンスレクチャーをYouTubeに公開

POPダンスの中の「ウェーブ」という動きを解説します。

初心者の方や、POPダンス経験者だけどウェーブが苦手という方に観て頂きたいです。

役に立つと思うので、ぜひチェックしてください!

POPダンスの技「ウェーブ」の解説!

足は肩幅くらいの開いて、手は横に広げます。

手はピンと伸ばすのではなく、少し肘を曲げてゆとりがある状態にしてください。

手 → 手首 → 肘 → 肩 → 反対の肩 → 肘 → 手首 → 手

この順番で動かしていきます。

ここからは、各部位を動かす注意点をあげていきます。

・手首の使い方の注意点

SHOHEYのPOPダンスレクチャーをYouTubeにて公開中!ウェーブ編

手首を固定したまま指先を下に向けてはダメです!

ウェーブは、横に流れていくイメージを持ってください。

少し手首を上げるのがコツです。

指先の高さは、一定に保ってください。

・肘の使い方のポイント

SHOHEYのPOPダンスレクチャーをYouTubeにて公開中!ウェーブ編

肘は、上に上げるようなイメージで使ってください。

上に上げるとはどのような動きかと言うと、

実際は肘を体のラインから外側に捻っています。

上の写真のような感じですね。

この時、手首の位置に注意してください。

下に下がらないように、元の高さをキープしてください。

肩を上げる時は脇を閉めるのですが、そのまま閉めてください。

閉めるのと同時に肩を上げます。

継続して練習すれば必ずできるようになります!

SHOHEYのPOPダンスレクチャーをYouTubeにて公開中!
ウェーブは、何回も繰り返し練習してください。

継続して練習すると必ずできるようになります。

体感で言うと、一週間でできるようになる方が多いと思います。

少しずつできるようになってきたら、滑らかに動かすように意識してください。

ウェーブは、様々なダンスで使うので頑張ってできるようになりましょう!